リッドキララの使い方のコツは?やってはいけない注意点とかある?

加齢まぶたの悩みに特化して開発された美容ジェル「リッドキララ」。

リッドキララはどのように使用すれば良いのでしょうか?

使い方のコツややってはいけない注意点などについて調べてみました!

 

リッドキララの使い方のコツは?やってはいけない注意点とかある?

リッドキララの使い方

1プッシュ分を左右両方の上まぶたに使用します。

洗顔後、化粧水・乳液・美容液で肌を整えた後にリッドキララを使用します。

1 リッドキララ1プッシュ分を手の甲に取り、ジェルの半分を片方の上まぶたに4点のせます。

2 目頭からこめかみ、目尻の横からこめかみまで目尻を引き上げるようにゆっくりジェルを伸ばします。

3 ジェルの浸透を高めるために片方の手で上まぶたを引き上げながらもう片方の手で5~10秒抑えた後とんとんと優しく触れるように馴染ませます。

以下に詳しい使い方の動画が載っているので参考にしてください。

↓ ↓ ↓

リッドキララの使い方動画

リッドキララを使用する際には以下の事に注意する

リッドキララを使用する前に水分と油分がしっかり肌に馴染むようにする

基礎化粧を済ませた後、すぐにリッドキララを使用すると水分や油分が肌の表面に残っていてリッドキララの浸透を阻害する場合があります。

リッドキララを使用する前に基礎化粧の水分と油分がしっかりと肌に馴染むように少し時間を置くようにしてください。

リッドキララを使うときは粘膜や目に入らないようにする

リッドキララは目元に使用するジェルなので、目に入らないように気を付けて使用してください。

リッドキララはお肌への刺激性もしっかりと確認されている安心して利用できる美容ジェルとなっていますが、目に入ると痛みや赤みの原因になってしまいます。

誤って目に入ってしまった場合は素早く水で洗い流すようにしてください。

リッドキララは強くこすらず塗り広げる

目元の皮膚はとても薄く刺激に弱い部分となっています。

そのためリッドキララを塗り広げる場合に強くこすってしまうと肌荒れやシミ、黒ずみを引き起こしてしまう場合があります。

リッドキララを使用する際は優しく塗り広げて使うように注意してください。

リッドキララの効果的な使い方

リッドキララの効果的な使用タイミング

リッドキララを使用するタイミングは朝と夜ですが、より効果的なタイミングは以下の通りです。

・朝基礎化粧してメイクをする直前

・夜基礎化粧のお手入れが終わった後

朝だけでなく、夜の洗顔後にも使うことによって昼間外的刺激や摩擦によってダメージを受けたまぶたを寝ている間に集中的にケアします。

レッドキララを使用したまぶたに冷風ドライヤーを使用する

レッドキララを上まぶたに使用した後、ジェルのベタつきがなくなるまで指全体を使って馴染ませながらベタつきがなくなるまで乾かして三次元フィルムを形成します。

この際、目を閉じながらドライヤーの冷たい風をあてると簡単にハリのある三次元フィルムを作ることが出来ます。

※ドライヤーは20㎝以上離してください。

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

・リッドキララは1プッシュ分を左右両方の上まぶたに使用する。

・リッドキララは洗顔後、化粧水・乳液・美容液で肌を整えた後にリッドキララを使用する。

・リッドキララを使用する際は以下の事に注意する

□リッドキララを使用する前に水分と油分がしっかり肌に馴染むようにする

□リッドキララを使うときは粘膜や目に入らないようにする

□リッドキララは強くこすらず塗り広げる

・リッドキララの効果的な使い方

□リッドキララの効果的な使用タイミングは「朝基礎化粧してメイクする前」と「夜基礎化粧のお手入れが終わった後」。

□レッドキララを使用したまぶたに冷風ドライヤーを使用する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です